☆ 2007 Fastest... ☆

手順 解説 (Explanation of solution.)
2007 Fastest Video 2007-fastest.wmv (2,296kb *.zip) 1/9_2007
崩し手順(クロス面(D面)を青色、手前面(F面)を黄色とした状態から以下の手順)
Scramble algorithm. (U-face White, F-face Yellow)

R' D' F' D' L2 R B' R2 D U' B R2 F2 D' U' L' R' B' L' B F2 L F' D' R2
その1 - 完成タイム狙いタイプ
Step
Solution
moves
Cross (u) R2 Uw R'w R U' (r) U' U' R'2 F R U'w
クロス手順、長すぎ。(^^;
11
F2L #1 U' R' U R
まぁ、この#1のためにクロス手順が長くなってしまったりで...
4
F2L #2 U' R U R' U' R U R'
クロスで温存したペアはまだ揃えずに、TPS稼ぎのペアから仕留めています。
8
F2L #3 (u') R U R' U (u') R U'
さらに温存したまま、ワザワザペアを抜いていますけど、これは持ち替え量を減らすためでもあります。
6
F2L #4 R'2 U2 R
ここのスロットイン方法は、かなりのパターンを試行錯誤しました。(^^;
3
O L L F' L' U L F R U' R' U
F2L#4の最後の「R」とOLL1手目の「F'」を連続化しています。
9
P L L  n/a
実はF2L#4の処理違いで、OLL抜きになるパターンもあったのですが、なんだかんだやっている内に
回し方を間違えたらPLL抜きになる事が発覚しました。(^^;
0
Total 41moves÷6.45sec= 6.356 tps
41
  今回は手順がなかなか定まらない状態が続きました。(--;
最も悩んだのはF2L#3〜#4〜OLLのつなぎでして、持ち替えてから回すか、回してから持ち替えるかで、これまた泥沼化していました。(^^;
結局は、普通の回し方を速く確実に仕留める方が、安定して回せる分だけ、ここ一番でタイムが伸びる雰囲気ですね。
とにかく、6tps越えが苦しかったです。。。(^^;